【2019年】スギ花粉症の飲み薬・目薬・塗り薬

今年初めて、スギ花粉症で飲み薬をもらいました^^
メニエール病で耳鼻科で通院していたこともあり、ついでにって感じです。

いつもは、病院に行く決心がつかなくって(笑)
眼科は行けるので、いつも目薬はもらってました。

耳鼻科の先生に、まだ軽い症状のときに花粉症の相談をしました。

先生「まだ粘膜も大丈夫ですね^^これがいい!という薬ありますか?」
私 「飲んだことがないのでわからないです。」
先生「じゃあ、一般的なお薬出しておきますね。」

と、処方してもらったのが「ベポタスチンベシル酸塩錠」です。タリオンのジェネリックらしいです。

飲み始めてから
のどのイガイガ
鼻につ~んとくる沁みる感覚やムズムズもおさまりました。

ですが、1週間ほど前。2月も終わろうとするころ本格的なスギ花粉シーズンが到来したのか、
一気に目にきました!

痒い…..。( ;∀;)
鼻詰まりもなければ、くしゃみも例年よりは少ないけど、目にキタ(涙)

目の周りもヒリヒリする、目頭とか…

本当は耳鼻科でも、目薬を出してもらえるらしいのですが、
毎年お世話になっていた眼科へ、まぁ定期検診もかねて(笑)行ってきました。

先生「痒いね…..」

私の目を診て、いつも言葉をかけてくれます。
今年はひどくなる前に行ったこともあり、これだけでしたが、

去年は私の目をじ~っくりみて、

先生「あぁ~これは痒いわ。辛そう。…………..う~痒そうやわ。」と。
めっちゃ同情してくれた(笑)

ヒアルロン酸ナトリウムPF
オドメール
酢酸プレドニゾロン

を出してくれました。
花粉症患者にとって、薬って言うのは対処療法でしかないんだけど、
辛い症状が少しでも軽くなれば有難いですよね。

そういえば5歳で発症した息子。今年はほとんど症状がないんだけどどうしてだろうか…。
食物アレルギーは年齢とともに食べられるようになっても、
花粉症は治らないってきいていたのに。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする